PL

こちらの表が損益計算書でProfit and Loss Statementを略して通称P/Lと呼ばれています。

画像の表は法人のP/Lになりますが、個人事業の方にお出しするのも基本的な見方は変わりません。

売上高から支払利息まで勘定科目が羅列されています。オレンジや青に塗られている項目を見て下さい。

売上高

営んでいる本業の収入の集まりです。
画像は法人の損益計算書ですが、個人においても大きな差はありません。
基本的には入金=売上高(現金主義といいます)とは考えません。
商品を販売し、納品を完了したとき。役務(サービス)を提供し、その提供が完了したとき等が売上認識のタイミング(実現主義といいます)となります。
お金を貰ったか貰ってないかを基準としないんです。
納品書や請求書の控え等を毎月同封していただくのは、この売上の事実を判定する為です。

仕入高

仕入高もすんなり理解できると思います。売る商品を仕入れた際に使う勘定科目です。
外注仕入は、例えばHPを作成する事業を営んでおり、そのHP作成の一部を他の者に依頼した場合に支払った経費等を言います。
仕入に関してもお金を支払った事実を基準とはしません。売上の取扱いと同様(発生主義といいます)です。

売上原価

売上原価の算定は前期期末(個人であれば昨年の12月31)の商品残高と、今期期末(個人であれば本年度の12月31日)の商品残高を加減算して算出します。
いわゆる棚卸しの数字です。

前期期末(個人であれば昨年の12月31)の商品残高
 icon-plus 
今期(個人であれば本年度)の商品残高
 icon-minus 
今期期末(個人であれば本年度の12月31日)の商品残高

この仕訳を行うことで、売上に対応する仕入商品の数字が明らかになり、その期(個人であればその年)の売上原価が決まります。

この売上原価は営む事業により大きく変動します。
従って、どれくらいが適正ですか?と聞かれても難しいところではあります。
飲食業などは30%と言ったりしますが、あくまでも目標として考えてとらわれ過ぎない方が良いと思います。
それでも40%を超えてくるようであれば改善の必要はあります。

売上総利益

売上高から売上原価を差し引くことで売上総利益(粗利)を算出します。
粗利はできる限り正確に把握したいので、売上は実現主義、仕入は発生主義で基本的に記帳させて頂きます。
稀ではありますがこの利益が赤字の会社もあります。そうなった場合は早急に手を打つ必要があります。

販売費・一般管理費

役員報酬(個人事業では使わない科目)から雑費までは販売費及び一般管理費(販管費)として集計します。
販売費・一般管理費は商品やサービスに直関係がない経費で売上原価を構成しないもの、販売員の給料や、店舗の家賃、販売する為に要した消耗品や交通費等が考えられます。
独自に参考にしたい経費等があれば、いつでもお伝えください。ガソリンが重要な経費であれば消耗品に含めずに燃料費として別科目を使用して、一目で判別できるように対応させていただきます。

販売費・一般管理費より以下の科目については、発生主義で把握するのは煩雑になりますので毎月の記帳は基本的に現金主義で行います。
最終の期末(個人の場合は12/31)だけは発生主義で記帳します。
次の年の1/1以降に実際に支払う経費のうち、12/31に発生主義で記帳した金額が含まれている場合にはこれを差引いて計上します。

営業利益

売上総利益から本業に直接的な関係のある経費を差引いた値が営業利益です。

売上総利益同様に本業に係る給料や家賃などの経費を差し引いた数字ですので売上総利益同様に重要度の高いものになります。
売上総利益は前期(個人は前年度)と変化ないのに営業利益が少なくなっているようであれば、販売費・一般管理費の項目で多額な数字があるかもしれません

営業外収益と営業外費用

その下の雑収入や支払利息などは、毎年経常的に発生するが、主たる事業と直接的なかかわりのないものの集まりです。
銀行融資を受けている法人や個人事業主では支払利息が計上されます

雑収入については本業と直接的に関わりのない収入です。

まず最初につかまえる数字は

とにかく売上総利益と営業利益を毎回見るようにしてください。 前回のP/Lから比べて増えている、減っているだけでも結構です。

慣れてくれば様々な数字を見てください。
徐々に頭に入ってくると思います。

知っている ことと 知っていない ことは大きく違います。

知っている ようになれば事業がもっと楽しくなると思います。