KONONEKIの広告について

KONONEKIをOPENさせて1年と半年が過ぎようとしています。
近況としてはしっかりと前を見据えて、お金を使った広告に頼らない方法で営業を続けています。1年以上業務を続けてきた広告の効果について書きたいと思います。

KONONEKIの近況

まずは肝心かなめの売上高についてですが、その前にKONONEKIの集客方法について。

  • InstagramとFacebookを利用した投稿を使っての広告
  • WEBサイト
  • LINEの公式カウントを利用したお友達機能を使った広告
  • 雑誌やフリーペーパーの取材
  • Googleマップの掲載情報
  • お付き合いいただいてるショップへ、当店のショップカードを配布して置いていただく

基本料金が掛かっているのはWEBサイトのサーバーレンタル料の月額385円とLINEの公式アカウントに利用するプレミアムidの利用料年額1,320円です。この試みを一年間続けて行った結果、

売上高は+190%となりました。

目標売上にはまだ届きませんが何とか形にはなってきた状態です。

InstagramとFacebookについて

KONONEKIで重視している集客は主にInstagramです。FacebookについてはInstagramと連動させた投稿が90%以上で、Facebook単体での投稿というのはあまり行っていません。

KONONEKIのメニューをしっかりとお客様に見ていただけるように店主にInstagramの写真を撮影してもらっています。幸いKONONEKIはほぼ週替わりに近いメニュー構成なのでUPする画像には不自由しませんが、同じような内容の投稿が続かないようにとはお願いしています。

商売の大先輩の方から、とにかくInstagramは投稿を長期間途切れさせたらダメ。自分が持っているこだわりをどんどんInstagramを使ってお客様に見てもらわない事には、こだわった商品も自己満足で終わってしまう。こうアドバイスを頂いたのが印象的でした。KONONEKIでも実践して営業日には投稿を欠かさないように心がけています。

WEBサイトは費用を掛けてでも置くべきか?

WEBサイトは不要だと仰る方も多いのですが、ある一定の層はWEBをかなり利用しておられる印象があります。KONONEKIのWEBサイトのアクセス方法は2022年4月~6月のうち不明を除けばGoogleからの検索でのアクセスが最も多く、続いてInstagramやFacebookのリンクからのアクセスが多くなっています。このことからInstagramを見たお客様のうち相当の方がWEBサイトへもアクセスされているという結果になりました。

明確な流れがある以上はペライチの簡単なページでもよいのでやはり用意するほうが良いと思います。

当社では開業支援の一環として簡単なWEBサイトの制作も承っております。KONONEKIのWEBサイトをご参考にして納得いただければ開業支援の一環で2ページまで(3ページ目より1ページ16,500円)お作りさせていただきます。

LINE公式アカウントを利用した販促活動

主に来店のお客様に対してQRコードを利用したお友達募集を行い、焼き菓子の焼き上がり情報の発信、来店ポイントによる販促サービスの二点で利用しています。無料の範囲ではメッセージの配信数は月1000通となっています。お友達の人数が1000人いれば一回の送信で終わってしまいます。

KONONEKIではまだ枯渇ギリギリで無料プランで足りていますが、今後は月額支払いプランへの移行は必須となりそうです。

焼き菓子の焼き上げをお知らせすると、お客様が購入に来て下さるので大きな効果を期待できそうです。

雑誌やフリーペーパーの取材

OPENから今日まで数件ですがKONONEKIを取材していただけました。
その取材記事をご覧になってご来店いただいたお客様も相当数いらっしゃっいました。

雑誌関係、フリーペーパー、WEB雑誌の編集部など、面白いところでは大学の広告研究会の校内フリーペーパーやKONONEKIの近くの新大宮商店街の広報誌の取材などもありました。

こういった取材の効果はあまり期待できないと開業前には聞いていましたが、KONONEKIではある程度効果があったように感じます。

Googleマップのビジネスアカウント

当初はあまり重要視していなかったGoogleマップですが、ふと見たときに間違った情報が掲載されているのに気づき、その内容を編集するためにビジネスアカウントに登録しました。

登録後に気が付いたのですが、かなりお客様が参照なさっているようで、お電話などもGoogleマップからされている方もいらっしゃるようです。

あまり過度に編集するのではなく、要所要所の情報を登録しそのまま放置していますが、相変わらず参照されている方が多いようでもう少し活用した方が良いかもしれません。

ショップカードを置いていただく

仕入先のコーヒーショップさんなど、お店でお世話になっている方々のご厚意でショップカードを置かせていただいています。

お付き合いいただいている事業者の方なので趣味嗜好が近く、ショップカードにご興味を持っていただける方も近い感じがあるのでしょうか。

開業支援をお申込み頂いたお客様にはノベルティの制作も含めてご案内させて頂きます。ご入用の際にはご用命いただければ印刷業者の印刷料のみで製作させていただきます。

KONONEKIのショップカードのモデルは九尾の狐さん。娘に絵を描いてもらい、私がイラストレーターでデータ起こしして作りました。


いかがでしょうか。KONONEKIの一年間の広告の試みについてご報告いたしました。もちろん売り上げのアップは店主の頑張りが一番大きいのですが、広告の方法についても一考してみる価値はありそうですね。

開業をお考えの方にはこういった経験もフィードバックさせて頂ければと思い、日々研究しながらカフェの運営に携わっています。実戦を知らないアドバイスは本当のアドバイスではないをスローガンに日々精進しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。