弥生会計と様々な作業を連携させる

当社は会計ソフトに弥生会計を採用しています。皆さん一度は聞いたことがある弥生会計の自動化や連携について少しずつ当社の状況等を記したいと思います。もう記帳を外部に委託する必要が無くなる。そんな未来もすぐに来ることでしょう。

当社で自動化している作業

  1. AirレジのPOSデータをクラウド上で弥生会計が拾い上げて自動的に仕訳を蓄積
  2. 銀行の入出金データを弥生会計と連動して仕訳を蓄積
  3. クレジットカード会社の明細データを弥生会計と連動して仕訳を蓄積
  4. ScanSnapを利用してレシートなどのデータを自動仕訳

現在は以上の作業をデジタル化して弥生会計の経理作業を最小限にしています。

Airレジと弥生会計の連動について

Airレジを採用した理由の一つ、弥生会計との連携サービスが標準で使用できることあります。その弥生会計との連携方法を解説しようと思います。

(注)Airレジと弥生会計を連動させるには、弥生の保守サービスに加入する必要があります。詳しくは弥生会計のウェブサイトをご参照ください。

Airレジの操作画面のメニューに「Airマーケット」があるのでそちらをクリックします。

Airマーケットにある、サービス一覧の中よりAirレジ連携を選択します。

サービスの中にある弥生会計のアイコンをクリックします。

Airレジと連携するをクリックします。

弥生のログイン画面が出てくるので、IDとパスワードを使ってログインしてください。

確認画面が出るので、内容を確認して同意の上連携するをクリックします。

連携先を指定して、必要に応じて店舗名の付加をONにして保存するをクリックする。

以上で弥生会計との連携完了です。

Airレジと弥生会計が連携されているか確認する

先程と同じようにAirマーケットのサイトに行き、上部にある事業所名をクリックしてプルダウンを表示し、ご利用サービスの管理をクリックします。

管理画面に弥生のアイコンが表示されていれば連携できています。ない場合は連携できていないので最初からやり直してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

カフェの決済方法